海外在住のボクが年金を支払い続ける6つの理由【任意加入】

 

「私たちの年金はどうなるんだろう」

「海外在住だけど任意加入で払うべき?」

「みんなはどうしてるんだろう」

そんな不安と疑問に一個人の意見として参考にしてもらえればと思います。

 

これを書いているボクは2017年に海外転出。

今はシンガポールの就労ビザを取得して現地で生活をしています。

 

そんなボクが年金をどうしているかというと『任意加入』で毎月支払い続けています

 

そうしているのには大きく分けて6つの理由があります。

本日はその理由を海外で生活する一人の人間の意見としてお伝えできればと思います。

 

・海外在住でも年金を払い続けている6つの理由

・老後にもっとも信頼をするべきなのは?

・今日から始められる老後に向けた準備

 

 

海外在住のボクが年金を支払い続けている6つの理由

 

『老後は2,000万円必要』

 

そんなフレーズが独り歩きして年金の話題で持ちきりですね。

ボク自身も日本の年金の制度に関して信頼しているかというとそうではありません。

 

では海外転出をして年金の支払い義務がないボクがどうして納め続けているのか。

今日はその6つの理由をご紹介しようと思います。

 

※支払い続けることを推奨するものではありません。

 

海外から年金を支払う理由①:いつかは日本に帰りたいと思っている

ボクは死ぬ場所は日本がいいと思っています。

今は縁あって海外で生活をしていますが、やはり還る場所として捉えているのは日本ですし生まれ育った北海道です。

 

結婚して妻がいますが「日本に帰るなら北海道に住む」と伝え妻も理解してくれています。

これはよほどの理由がない限りなかなか譲れない部分です。

 

以前は「海外に住めばほぼその国のルールだけで生きていくんだろうな」と思っていましたが、意外と日本からの影響は切れません。

駐在員であれば税金の影響を受けるでしょうし、円の価値は日本に住んでいた時よりもチェックするようになりました。

 

今は“最強”と言われている日本のパスポートですが、今後日本の情勢が悪くなったりすれば簡単に渡航できなくなる国も出てくるかもしれません。

 

当たり前ですが海外に出る事で改めて『自分は日本人なんだぁ』と感じる事があります。

 

海外から年金を支払う理由②:受け取る際に住んでる場所は関係ない

もし年金の制度として『日本に住所を置いていない者は受け取りの資格はない』という内容でしたらボクは支払っていなかったでしょう。

 

今後もきちんと年金を支払ってきた人が、海外にいるからという理由で受け取れなくなることはまずないはず。

そんな事をしたらマレーシアなどに移住した人たちはみんな帰国しなくてはいけませんね。

 

年金制度が崩壊して受け取れなく可能性はあるにせよ、住んでる場所が問われる可能性はほぼないでしょう。

 

海外から年金を支払う理由③:任意加入はいつでもストップできる

海外転出届を出した人は年金の支払い義務がなくなります。

ボクが支払い続けているのは任意加入と言って、自分の意志として海外にいながらも払い続けていきますと決めたものです。

 

月額料金は16,000円ちょっと(2019年現在)。

 

ぶっちゃけ生活が厳しくなって来た場合には、年金事務所で手続きをすればいつでも止めることができるんです。

そしてまた再開する事も。

 

30年後の日本の年金制度がどうなっているかを答えられる人は誰もいないでしょう。

誰もわからない事をどうしようと考えても答えは出ません。

 

正直年間で20万円近くを払うのは簡単ではありません。

しかしボクはこの約16,000円を元から無いお金とするか、頑張って16,000円分の収入もしくは昇給を得て「年金に振り回されない人生を手に入れた!」と思えるようになりたいと考えています。

 

海外から年金を支払う理由④:そもそも期待していない

あなたは信頼していない人に「もしピンチになった時は助けてくれないか」と頼みますか?

「食料が足りなくなったら恵んでくれ」とか「ヤバい奴に襲われたら守ってくれ」とか。

 

ボクは信頼していない人にそんな事を頼むくらいなら、自分で食料を増やす方法を考えたり、強くなろうと思います。

 

先ほども言った通りボクたちが老後を迎える時に、日本がどうなっているかは誰にもわかりません。

それなら自分が65歳になるまでに、できる事はいろいろあるのではないでしょうか?

 

例えば

・体力に関係なく稼げる方法を考える

・長く健康でいる為に運動を始める

・親と持ち家をどうするか話しておく

・物価の高い都会以外で住みやすい場所を探しておく

 

考えただけでも『老後もお金が得られる方法』『なるべくお金が出て行かない方法』はたくさん考えられるはずです。

まずは国に頼る前に自分の人生を死ぬまでなるべく自分自身で世話できる状況を考えましょう。

 

海外から年金を支払う理由⑤:どっちの未来がショックかを想像してみた

年金についてこんなふたつの想像をしてみました。

 

1.きちんと支払っていたのにも関わらず、やっぱり受け取れなかった未来

2.支払っていなかったが、周りのみんなきちんと受け取れている未来

 

ボクにとってショックが大きい未来は2番でした。

 

これは元々期待はしていない部分も大きく左右していると思います。

しかし、みんな年金に不安がありながらもきちんと支払っている人の方が多いんです

厚生年金は給料から自動的に差し引かれますしね。

 

もし任意加入をせず老後を迎えた時に「え、みんなヤンヤヤンヤ言ってたけどちゃんと受け取れてるんじゃん」っていう未来の方がショックが大きいなと思ったんです。

 

年金を支払い続けている理由⑥:それでもやっぱり日本が好き

一番最初にお話しした通り、最後はやっぱり日本へ帰りたいと考えている理由は単純に日本が好きだからです。

何なら生まれ育たった北海道は未だに世界一大好きな場所です。

 

今日本の年金制度が危機を迎えているのは、支える若い人の数が減っている事はもちろんですが、このような不安から支払わない人が増えている事も大きな要因です

 

ボクはこのまま日本が住みずらい国になってよいとは思いませんし、帰国した時には「やっぱりいい場所だな」と感じたいんです。

ただそれだけです。

 

年金を支払わない人が年金制度の文句を言うのは、選挙にいかないのに政治に文句を言うのと近いのかなと感じるんです(あくまでも個人的には)。

日本という国はいつでも還りたい場所であってほしい、日本という国がもっと良くなってほしいそんな思いが最後の理由です。

 

 

【結論】まずは老後も信頼できる自分自身を作る一歩を

 

論点からずれてしまいますが、結局一番大切なことは老後を迎えた時、もっとも信頼を置くべきなのは国ではなく自分自身ではないでしょうか?

ということです。

 

「このスキルがあれば65歳を過ぎてもオレはバリバリ働ける!」

「これから少しずつ趣味を副業にしてみよう!」

「やった事のない事に挑戦してみよう!」

 

『年金以外にもお金が得られる方法を見つける』と言えば壮大な話に聞こえますが、これから40年、30年・・・いえ、20年コツコツ続ければ何かのプロにもなれると思いませんか?

何とか月に10万円くらいなら稼げるようになれそうじゃないですか?

 

そしてその為にも1円を生み出す事から始めてみてください。

 

『1円を使う事は誰にでもできる。しかし自らの力で1円を生み出せる人間は少ない』

 

たった1円の利益でもそれを生み出せるのは一握りの人です。

そして1円が生み出せるようになったら翌年には10円、その翌年には100円・・・

 

ほら、数年あれば月10万円くらい行きそうな気がしませんか?

ボクもまだまだそれを信じて続けている途中ですが、いっしょに何か始めてみませんか?

 

ここまで生きてきてあなたの能力を必要としている人は、きっと会社と家族以外にもたくさんいます。

 

ボクが年金を支払い続けているもっとも大きな理由。

それは『月16,000円に人生を振り回されたくないから』なのかもしれませんね。

 

 

【あなたにおすすめの記事】

【自分が好きになる魔法】成長へと導く過去と現在の向き合い方

 

Twitterはこちら