プレッシャーとは?正体が分かれば付き合い方がわかる

プレッシャーとは?正体が分かれば付き合い方がわかる

 

 

 

“頼まれごと” は “◯◯◯ごと”?

 

プレッシャーとはなんでしょう。

 

カンボジアオフロードバイクの旅で

ボクに絵本を託してくれたRyuさんが

以前こんなことを言っていました。

 

 

頼まれ事は試され事だと思っています」

 

 

なるほどなって思うと同時に

自分は人からの頼まれごとをそういう風に

受け取れていただろうか。

とグサッと刺さった一言でもあります。

 

 

自分にとって少し難しいと感じることにも

ポジティブな気持ちで向き合えていただろうか、と

 

 

これはまた別のある人が言っていたこと。

 

--------------------------

プレッシャーとはなんだと思いますか?

 

 

あなたは高跳びで30cmを飛べと言われたら

プレッシャーを感じますか?

NOだと思います。

またぐだけで誰にでも簡単にできますから。

 

では、5mを飛べと言われたらどうですか?

これもNOだと思います。

挑戦をするまでもなく不可能です。

 

 

 

ところが男性なら1m50cmくらい、

女性なら1m20cmくらいだとどうですか?

 

 

やってみたら出来そうですし、

すこし難しそうな気もするので

挑戦するときにドキドキします。

 

 

そう、これがプレッシャーです。

 

 

プレッシャーは簡単すぎても、

明らかに不可能でも感じる事はありません。

 

出来るかどうか微妙なラインだからこそ感じる。

 

出来るかどうかはやってみないと分からない。

自分には不可能に感じても、他人からは

「この人にはもしかしたら出来るかもしれない」

そう思われている。

 

そういう要求がプレッシャーの正体です。

 

可能性があることにしか感じないプレッシャー。

そのメッセージを無視し、自分には出来ないと

決めつけるのはもったいない。

--------------------------

 

 

頼まれ事は試され事。

それは他者からでもあり、

自分自身への挑戦でもあるんですね。

 

30cmを飛び続けるだけの人生か

1m50cmにも挑戦してみるのか。

 

そう考えたら人の成長は

どれだけプレッシャーから逃げなかったか。

それだけの違いしかないようにも思える。