もう迷わない!シンガポール旅行でスマホを使うならこのSIM!

モバイルWi-Fiの時代は終わり!プリペイドSIMがお得

 

海外旅行へ行く時にみなさんはどうやってスマホの電波を確保していますか?

最近人気のイ◯トのWi-Fi

おなじみグロー◯ルWi-Fi

 

思うに今はどの国へ行くとしてもスマホをあらかじめSIMフリーにしておいて、現地のプリペイドSIMを買う方がいいと思います。

東南アジアは特にです。

でもそこで悩むのは数あるSIMから何を選べばいいのかわからない!という事。

 

そんなあなたが偶然にもシンガポールへ行こうとしているのであれば、ボクが一番お得だと感じたSIMをここで紹介したいと思います!

 

 

7日間で12シンガポールドル(約1,000円)!しかも超大容量!

 

最初に言ってしまいましょう。

ぜひ買って欲しいのは12シンガポールドル(約1,000円)のこのSIM。

 

【StarHub Travel SIM】

・使用期間は7日間

・使いきれるヤツなんてほぼいないデータ通信量100GB

・トラブル発生!そんな時も安心国際電話30分付き

 

その他お隣マレーシアなどシンガポール以外でも使用出来るローミングサービス

シンガポール内での通話やショートメールなどももちろん付いてます。

※SIM交換用のピンも付いているという優しさ(涙)

 

これで1週間約1,000円!

ヤバくないです?

 

ちなみに某大手モバイルWi-Fiをレンタルするとこんな感じ。

なんと1日で1,370円

ちなみにデータ容量の少ないLTEでも970円でした。

(これに保険やオプションを付けると更にプラスですね)

 

 

購入できる場所は意外にも両替所!

 

「いや、そんな事はいいからそれどこで買えんのさ」って?

失礼しました。

 

先ほどのプレペイドSIMを購入できるのは以下の場所。

・UOB外貨両替カウンター(空港内)

・セブンイレブン(街中)

・Cheers(街中)

 

UOBというのはシンガポールの大手銀行、Cheersはシンガポールのコンビニです。

おそらくStarHubのお店でも扱っているとは思いますが。

 

でもみなさんはこう思うでしょ?

「他にもっと安いSIMがあるんじゃないの?」って。

 

はい、それボクも思いました(笑)

 

もしよかったら『シンガポール 格安 SIM』とかで検索してみてください。

マニアックな会社ならあるかもしれませんが、ボクはStarHub以外の会社で15シンガポールドル以下の物は見つけられませんでした。

 

実はね・・・。

 

ボクも「街中に行けばもっとお得なSIMがあるっしょ」と思って、最初シンガポールへ行った時はこれを買わなかったんです。

でもいろいろ調べた結果12ドル以下は見つけられなかったし、なんならその時StarHubのSIMがどこで買えるのかも知らなかったので、結局買ったのは5日間で15シンガポールドル。

時間と金をムダにするというアホな結果に。

(自ら失敗を経験しないと学ばない男)

 

はっきり言って旅行中スマホのインターネットを確保するために時間を使うなんて無駄です!

みなさんはボクみたいなアホな事はしないでください(笑)

 

 

まとめ・・・

 

最後にシンガポールでスマホを使いたいときのまとめ。

 

1:チャンギ国際空港に到着

2:UOB外貨両替カウンターへ

3:StarHubのトラベルSIM(12シンガポールドル)を購入

4:その場でセッティング!

 

もし設定がわからない時は店員に助けてもらいましょう。

(その時は本体の設定を英語にしておいた方がいいかも)

 

ばっちりセッティングを終えたら空港からホテルまでの行き方を検索。

スムーズにチェックインして部屋に荷物を置いたら、

 

そうしたらほら・・・

 

 

あのプールが待ってますよ!!

(そんなたっかいホテルの予約は取ってないって?笑)

 

 

シンガポールのSIMは3種類。長期滞在はポストペイドがおすすめ

 

Twitterはこちら