面倒くさがりがおすすめするシンガポール日本大使館の行き方

なるべく汗をかかずに歩きたい・・・

 

シンガポールで生活を始めるなら必ずお世話になる機会があるのが日本大使館への訪問。

でもちょっとだけビミョーな場所にあるんですよね(ゴメンナサイ)

 

オーチャード駅から歩けなくはないんですが、シンガポールの熱帯の気候となればおそらく汗をかかない人はいないであろう距離。

そんなボクもこんな国に来ておいて汗をかくのが大嫌い!!笑

という訳で(どんな訳で?)日本大使館までのおすすめの行き方をご紹介したいと思います!

 

【この記事で分かること】

・シンガポール日本大使館へ(横着に)行く方法

・日本大使館へ行く前に知っておくべきこと

 

 

日本大使館までの6ステップ

 

ステップ①:オーチャド駅まで行こう

まずはMRTのNorth South Line(通称:レッドライン)に乗ってオーチャード(Orchard)駅まで行きましょう。

「え?来たばっかりでMRTの路線も乗り方もよくわからない?」

 

そんな方はボクが全力で応援しますのでなんとか頑張りましょう!(笑)

(あ、切符の買い方はまた別の記事にするので参考にしてね)

 

ステップ②:出口Bへ向かおう

オーチャード駅の改札を出たら看板の表示をみながらBの出口を目指しましょう。

改札脇のこのエスカレーターを登って出口へ。

(改札はふた方向に分かれているので出る前に表示を確認)

 

周辺マップ脇の出口の表示を確認して外へ出ましょう。

オーチャードは広いので迷うのはここまで。

あとはヨユーです。

 

ステップ③:道路を渡ってバス停へ

Bの出口を出たらバス停に向かいます。

バス停の位置はこちら。

 

ステップ④:36番のバスに乗りましょう

バス停に着いたら36番のバスが来るのを待ちましょう。

※シンガポールのバスに時刻表はありません。長くても15分くらい待てば来るハズ。

 

 

【バスの詳しい乗り方はコチラから】

【シンガポールのバス】乗り方・路線図・子供料金でタダに!?

 

ステップ⑤:最寄りのバス停で下車

バスに乗ったらこちらのバス停で降りましょう。

変なルートなので「あれあれ?どこ行くの?」って一瞬思うかもしれませんが、ここはグッとこらえて運転手さんを信じましょう。

きっとあなたを最寄りのバス停へ届けてくれるハズ。

(きっとじゃ困るっつーの)

 

ステップ⑥:最後はやっぱり徒歩

あとは自分の力を信じで歩くだけ!

Google先生は600mと申していますね。

このくらいなら「あっちーな」と思ってきた頃に涼しい大使館に入れるくらいではないでしょうか。

 

こんな感じでバッチリ日本大使館へ行くことができます!

自分が知る限り一番楽な方法ですので試してみてください。

 

 

まとめ & 大事な注意事項

 

大して難しい方法ではありませんが一応まとめておきましょう。

【まとめ】

①オーチャード駅まで行く

②出口Bから外へ

③バス停から36番のバスに乗る

④Delfi Orchardのバス停で降りて歩く

以上です。

大使館の前に停まる路線が出来てくれたら嬉しいんだけどね(←どこまで横着なのか)

 

実際地図で検索してもらうと、こう思う人がいるでしょう。

「この距離でバスに乗る必要あるか?」と。

 

はい。

実際ボクも多少はそんな気持ちを持ってます(笑)

でもこの距離の差が暑い日には大きいんですよ。

徒歩が非効率だとはまったく思いませんが、あっついシンガポールでやっすいバス運賃。

それなら快適さを優先しましょっていうご紹介でした♪

 

 

おっと最後にめちゃくちゃ大事なことを伝えなくてはいけなかった。

みなさんもくれぐれも忘れないでください。

 

『日本大使館の閉館日は日本の祝日に準ずる!』

 

日本大使館の中はシンガポールではなく日本国です。

したがってお休みの日も日本の祝日に合わせた日になりますので要注意。

 

こんなことを声を大にして注意するのは、初めてボクが大使館に訪れた日がまさにしゅくj(ry・・・。

いえ、なんでもありません。

 

(恥っ)

 

 

Twitterはこちら