『ライトネス(身軽)に生きる』をテーマに海外生活や移住情報、物を減らす方法などを紹介

【保存版】海外SIMでスマホが繋がらない原因5つと対処方法・準備

 

「SIMフリーなのにスマホが繋がらない」

「設定方法と試すべきことを知りたい」

「海外旅行へ行く前にやっておくことを知りたい」

 

そんなトラブルや不安を解決する記事です。

 

これを書いているボクはスーツケース一個で生活していて今はシンガポールで生活しています。

海外一人旅が大好きでこれまでにいろんな国のプリペイドSIMを使ってきましたが、この記事を必要としているみなさんと同じく「SIMフリーなのにネットが繋がらない」なんてことが何度かありました。

 

しかし、いろんなトラブルを対処していくうちに、原因や解決方法が大体わかってきました。

もし同じ内容でお困りでしたら焦らずに以下のことを試してみてくださいね。

※ボクのスマホはXperia(アンドロイド)です。

 

【この記事でわかること】

・海外のSIMが繋がらない主な原因がわかる

・その解決策がわかる

・ついでにiPhone特有の症状もわかる

・渡航前にやっておくべき準備がわかる

 

 

海外でSIMが繋がらない主な原因5つと対処方法

 

さっそくトラブルの原因となっている5つの理由とその解決方法をそれぞれ紹介していきます。

上から順番に可能性として高い物から順番に並べたので、この記事を読みながら自分に当てはまるものを対処していってもらえるといいと思います。

 

原因①:APN設定がされていない

細かい説明は省きますが、APNとはアクセスポイントネームのことです。

まぁ直訳すると接続先の名前って感じですね(まんま笑)

 

そのAPNの設定がされていないというのが最も多い原因のひとつ。

SIMを挿すだけで自動で設定してくれるスマホもありますが、まだまだ手動で設定しなくてはならない場合も多いです(現にボクのXperiaがそうです)。

海外のSIMがうまく接続されないときにまず一番最初に確認してみるべき項目です。

 

【解決方法】

ステップ1.使用したいSIMのAPN設定を検索しメモる。

ステップ2[設定][モバイルネットワーク][アクセスポイント名]

 

ステップ3.画面右上の[+]ボタンなどを押して新しい設定を追加

 

※設定項目がたくさんありますが、ほとんどの場合入力するのは[名前][APN]のふたつだけなのであっけなく終わりますし、[名前]の項目は自分がわかりやすいもの何でもOKです。

 

原因②:APN設定が正しくない

設定そのものが正しくないというのもよくある話ですね。

APN設定をするときに、ネットから誰かの記事を参考にして入力をしていくことが多いと思いますが、それが正しくない場合があります。

というのはAPN設定で入力する情報が最新のものでなかったり、同じ会社でも使うSIMによって内容が異なるからです。

 

【解決方法】

その1.Google検索のツール機能で新しい情報を検索する。

その2.勇気を出して英語で検索して公式ページを見る。

その3.名前とAPNの項目以外で設定する場所がないか確認する。

 

※[使いたいSIMの名前 apn setting]でGoogle検索をすれば、大体上位に公式のページとアクセスポイント名が出てくるのでそれを入力しましょう。

 

原因③:通信事業者が選択されていない

ここまでで大体の方は解決できたと思いますが、ボクはそれでも繋がらないことがありました。

その時の原因が通信事業者が選択されていないこと、でした。

要はドコモのSIMを挿したのに、接続先にドコモが指定されていない状態ですね。

 

【解決方法】

ステップ1[設定][モバイルネットワーク][通信事業者]へ進む(少し待ちます)

ステップ2.使いたい事業者が選択されているか確認する。

ステップ3.うまくいかない場合は検索モードを手動に変えて、使いたい会社のLTEや4Gを選択する。

 

原因④:設定の変更が反映されていない

ここまでいくつか設定をしてきましたが、その内容が過去に使ったことがない物だと設定が反映されるまでに時間がかかる場合があります。

 

【解決方法】

その1.しばらく待ってみる

その2.再起動してみる

その3.バシバシ叩いてみる(ウソです、決して叩かないでください)

 

原因⑤:周波数が合っていない

一番やっかいな問題を最後にもってきましたが、持っているスマホと使いたい通信事業者の周波数があっていない場合です。

電波は飛んでいるけど、それをキャッチできるスマホじゃないという状態。

 

【解決方法】

正直いうと・・・ありません

頑張ればどうにかできる方法があるのかもしれませんが、そこに時間をかける位なら他の会社のSIMを買う方がよっぽど懸命でしょう。

 

【周波数の確認方法】

これについてもインターネットで確認してください。

スマホの機種名と使いたい現地の通信事業者の周波数で検索すれば、公式ホームページや日本の誰かがまとめてくれた記事にたどりつくと思います。

そこでお互いの使える周波数が合っていなければ正直アウト。

違う会社の周波数も調べて使えるSIMを買いましょう。

 

 

おまけ:iPhone特有の症状『アクティベートができない』

 

ここまでアンドロイドの画面で説明をしてきましたが、iPhoneでも基本的な問題は一緒です。

iPhoneは比較的そういった面では優秀なので、海外で使えないっていう問題はほぼ起きないですけどね。

 

そんなiPhoneですが、アンドロイドとは違った症状で海外で使用できないことがあります。

それがアクティベートできない、とかアクティベートエラーと表示されるものです。

 

意味合いとしては『これまでとは違うイレギュラーな使用をしようとした時に、持ち主にそれを有効化するかどうか確認するもの』って感じでしょうか。

要するに今回の場合、海外でこれまでとは違うSIMで使用を試みた時に「あなたは本当にオーナー?これを許可して大丈夫?」と確認されるのです。

 

これを許可するにはAppleIDパスワードが必要になります。

海外でこういった症状に困らないためにもパスワードなどは覚えておきましょう。

 

 

【まとめ】海外旅行へ行く前にやっておきべき準備

 

最後に海外旅行へ行く前にこちらを読んでくれた方へ準備についてもまとめておきます。

 

【渡航前に準備しておくべきこと】

その①:スマホをSIMフリー化する

その②:現地で使いたいSIMと自分の周波数が一致するか確認する

その③:使いたいSIMのAPN設定をスクショしておく

その④:必要そうなIDやパスワードを確認しておく

その⑤:SIM交換用のピンを用意する

 

このあたりを押さえておけば問題ありません。

最近は日本にいる間に海外のSIMの購入手続きや受け取りができるものもありますので、海外旅行が慣れていない方はそういったサービスも利用しましょう。

 

海外でのスマホのトラブルも焦らず解決して、オススメのスポットやレストランをさっそく検索しちゃいましょう!!

 

 

【その他海外旅行でオススメ記事はこちら】

>>海外ホテル予約で失敗のない私が教えるAgoda使いこなし術

>>【失敗談あり】海外初心者が安全に格安航空券をゲットする検索方法!

>>【国際キャッシュカード】海外共通!ATM現金引出時に抑える6項目

 

Twitterはこちら