英語を話せない男レストランで初オーダー!サンフランシスコ

英語を話せない男レストランで初オーダー!サンフランシスコ

それではサンフランシスコ1日目後半。

なにせ時差で一日半くらいありますからね。

 

 

なんだっけBARTからか。

BARTの中では一人でいたからか、白人の男性に突然話しかけられました。

第一試練が来た。

 

何言ってるかわからなーーーーああーーあああーーーいww

でもでも頑張りました。

 

この旅行に行く前、英語を話せない僕が一人で旅行行く事を心配した友人に大丈夫かと聞かれ、

「いや、なにを言おうとしてるくらいはわかるでしょ」

そんな事言ったからには意志の疎通。させてやる。

 

そしてわかりましたよ。

なんて事はない。

「どこどこに行きたいんだけど、どの駅で降りればいい?」

って言ってました。

 

だから自分が持っていた地図を出して教えてあげましたよーーーーーっと♪

やるぅ。

いっつおーるらいっ。

 

そんなドヤ顔の僕を乗せて、自分もホテルの最寄り駅“パウエルST”に着きました。

モバイルwi-fiの設定もしてホテルの場所を検索。

 

あら、近いじゃない。

まずはホテルへ。

Winsor Hotel

こんなバイオハザードに出てきそうなエレベーターがあるホテルでした。

 

(格子を開けた先にうめき声が・・・・・聞こえない!w)

 

けど時間はまだAM。

チェックインはできず、荷物を預かってもらいました。

 

さあ出かけよう。

 

サンフランシスコ名物、ケーブルカー。

 

これこれ。

欧米人に見えても地元じゃない人が多いんだね。

 

写真撮ってる人いっぱい。

 

カリフォルニアの青い空♪

素晴らしい。

気温は札幌より1、2℃高いくらい。

でも湿度がないのと風が強いので札幌より寒いです。

 

日中も長袖が必要なくらい。

そんなこんなで市街の散策を終え、ホテルへ戻ります。

 

夜ごはんはTad’s steakhouseへ。

 

 

姉にLINEしたら

「うまそうなんだか、うまくなさそうなんだかわからない」

っていわれたw

 

うまかったよ。

つか、いーんです。なんでも

現地の人と意志の疎通が出来てオーダー出来る事、望んだ物が食べられる事が幸せなんです。

そんなこんなで長い一日目が終了です。

 

時差ボケもなくふつーーーーに就寝。

(ほんまもんのボケですか?)

ではまた。

2日目へつづく・・・・

 

 

《続きはこちら→現地ツアーを申し込んでヨセミテへ!