サンフランシスコ空港到着から電車乗車ホテルまで緊張の連続

ではではサンフランシスコの旅1日目~♪

(2014/6/20)

14:00の飛行機の為、11:00くらいには新千歳空港にいました。

 

 

まずは空港で向こうに持っていくポケットwi-fiを受け取り。

 

これすごくいいです。

アメリカではLTE使えましたし、一週間借りてたしか5,040円くらいだったかと。

 

『海外 wi-fi』とかで検索するとたくさん出てくるんですが、今回僕が借りたのは

グローバルwi-fiってやつ。

携帯会社の海外サービスよりぜんぜん安いです。

 

そのあとはちょうどお昼でしたので、海外に行く前に和食を。

食べたのは豚丼名人の豚丼。

おいしかったです。

海老そばもいいですが、北海道にきたら豚丼の選択肢もあります。

 

飛行機まで時間があったので、本を買い、機内用のスリッパを買い、空港内で時間つぶし。

 

まずは成田にはすぐ付きまして、すぐさま乗換え。

いざサンフランシスコ空港へ。

座席は窓側方から二番目。

 

「トイレ行きづらいなー」と思いつつも機内サービスではビールをいただきました。

窓側の体格のいい方が宗教上なのかみんなとは違う飲み物や食べ物をもらっていた。

 

機内食やおしぼりを受け取って手渡ししてあげていたら「サンキュー」って。

この旅1発目の他人絡み。

待っていたこの[何かにつけてthank you]はいつ味わっても気持ちがいいね。

 

飛行機の時間は約9時間くらい?

ラスベガスの時はもっと13時間くらいだった気がするけど・・・

まあそれくらいなら寝て、本読んで、映画見てればさくっと着きます。

 

あ、機内で流れていた剣道をやっている外国人のドキュメントはなかなか考えさせられた。

【残心】

自分も剣道をやっていたけどずっと忘れていた言葉。

相手の中に心を残す。

勝負の世界も日常で思いやりを持つ事も。

 

おねえが女性以上に女性らしいように

日本を学ぼうとする外国人は日本人より日本の心を知ろうとしてたね。

 

そんなこんなでサンフランシスコに着き

まずは第一関門【BART】の乗車。

空港から市街を結ぶ電車です。

 

切符はカードのチャージ式で、乗車金額より多めに入金して

乗車して減ったりチャージして増えたりです。

一番最初にお金を入れてから操作ですのでそこが一番戸惑うかも。

 

サンフランシスコに着いた時は10:00くらいでした。

時間が逆戻り。

ちょっと初日は長くなりそうなのでまずはこの辺で。

 

 

《続きはこちら→緊張MAX!レストランのオーダーをしてみた

 

Twitterはこちら