『ライトネス(身軽)に生きる』をテーマに海外生活や移住情報、物を減らす方法などを紹介

英語力ゼロで海外旅行!最低限準備するべきフレーズとおすすめアプリ

 

「英語力がまったくないけど海外旅行へ行きたい」

「最低限覚えるべきフレーズは?」

「楽しむために準備しておくべきツールは?」

今回はそんな言葉の問題をクリアしていこうと思います。

 

これを書いているボクは学生時代にもっとも苦手な教科は英語。

高校卒業以来まったく勉強をしないままの状態でサンフランシスコへ一人旅に行き、それから数年たった今はなぜかシンガポールで生活をしています。

 

サンフランシスコへ行った時、ボクの英語のレベルは本当に笑えない状態でした。

それでも忘れられないほど楽しい思い出になったのは、現地で出会った人とのコミュニケーションがあったから。

 

「どうしてそんなレベルでコミュニケーションを取れたのか」

 

その時にやった具体的な準備と、その後の旅で「こうしておけばもっと楽しめた」という反省も踏まえてまとめて行きます。

 

【この記事の内容】

・覚えておくべき最低限の英会話フレーズ

・旅まで時間がある人にオススメの準備

・旅に持っていくべき便利アイテム

 

 

時間がない人用:最低限覚えておくべき英会話フレーズ2選

 

 

この項目ではすでに旅行が始まってしまっている人や、旅行まで1週間以下しか時間がない人のために覚えておくべき基本のおさらいと英会話フレーズをふたつご紹介していきます。

 

まずは何と言っても基本のあいさつ

これを書く必要があったかどうかは分かりませんが、あいさつはどの国へ行っても基本ですね。

 

こんにちは Hello
こんばんは Good evening
ありがとう Thank you
ちょっとすみません Excuse me
ごめんなさい I’m sorry
さようなら Good bye

この辺でしょうか。

さらに付け足すとしたら、この辺を覚えておくとちょっとカッコいいです。

 

「どういたしまして」(Thank youと誰かに感謝された時の返事)

 →You’re welcome.(ユア ウェルカム)

「全部よかった(美味しかった)!」

 →Everything was great.(エヴリスィン ワズ グレイッ)

 

覚えるべき英会話フレーズ①:「これください」

基本的な挨拶に加えて、覚えておいて欲しい2フレーズの内のひとつは「これください」です。

レストランでオーダーする時や何か買い物をしたい時など、指を指してこれを言うだけで伝わるのでこのフレーズは必須です。

 

「これください」

 →I’d like this.(アイド ライク ディス)

 

Can I have this? (キャナイ ハブ ディス)でもいいので使いやすいほうを選んでください。

それもムリ!って人はThis one, please.(ディスワン プリーズ)で乗り切りましょう(笑)

 

覚えるべき英会話フレーズ②:「ありますか?」

次にご紹介する覚えておくべきフレーズは「ありますか?」です。

There is~?も「ありますか?」と訳せますがもっと使い勝手が良いフレーズがあります。

 

「~はありますか?」

 →Do you have~?(ドゥーユーハヴ~?)

 

例文を見てみましょう。

・日本語メニューはありますか?→Do you have a Japanese menu?

・Wi-Fiはありますか?→Do you have Wi-Fi?

・ビールはありますか?→Do you have any beer?

 

こんな感じで万能に使えるフレーズがDo you have~?です。

 

 

時間がある人にオススメ:英語に慣れて旅を最大限楽しむ方法

 

旅行まで1~3カ月程度ある人にオススメの準備です。

 

正直先ほどご紹介した日常会話フレーズだけで海外旅行はなんとかできますが、できればもっと現地の人とのコミュニケーションを楽しんでほしい。

その為にあまり大きな費用をかけずにできる方法をご紹介します。

 

その方法はズバリ『オンライン英会話レッスン』です。

 

オンライン英会話とはSkype(無料ビデオ通話アプリ)で海外の講師から授業を受けられるサービスで、1日25分程度を1コマとして毎日受けられる物が多いです。

毎日25分を出来れば3カ月、最低でも1カ月以上続けてみてください

(1か月の場合は1日2コマ(50分)のプランがオススメ)

 

ただし先に言っておきますがこれくらいでは驚くほどの成長はできません

「じゃあやる意味ないじゃん」

と感じると思いますが、オンライン英会話で期待できる一番の効果はこれだと思います。

 

『ワケの分からない事を言われても動じなくなる』

 

海外に出た時のもっとも大きな障害は、英語が話せない事ではなく理解できない言語をぶつけられた時の動揺。

要するにテンパってしまって冷静な反応ができない事です。

こういった動揺を解消してくれて、かつ挨拶程度のフレーズが考えなくても口から出てくるくらいのレベルにはなれます。

 

これって実は旅を楽しむための大きな成長なんですよ。

まずは3カ月やり切ってみてください。

帰ってきた後に「やってよかった」と思えるはずです。

 

 

【オンライン英会話を3カ月続けるコツはこちら】

【オンライン英会話】3ヶ月休まず続けるコツは3つのルールだけ!

 

 

旅に用意しておくべき便利ツール(アプリ)

 

旅行前に準備できる英会話には限界があります。

でも自分の能力以外でもいろんな方法でカバーできるのが現代。

旅へ行く前に用意しておくべきツールをご紹介します。

 

やっぱり天下のGoogle翻訳

キングオブ翻訳アプリと言えばやっぱりGoogle翻訳。

 

使い方は説明するまでもありませんね?

というかいろんな方が解説してくれているのでボクはしません(笑)

 

でもボクなりにキーポイントを少しだけ補足しておきます。

 

オフラインの時の準備はしておこう

海外ではWi-Fiがなくてネットが繋がらないなんて事も少なくないでしょう。

その時のためにGoogle翻訳は『オフライン翻訳』という機能があります。

 

日本にいる間にあらかじめ日本語と英語の2つをダウンロードしておくことで、電波がない場所でも翻訳機能を使用することができます。

しかし機能はオンラインより劣るので長文などは精度が落ちるので注意が必要です。

 

よく使うフレーズ、使いたいフレーズは保存しておく

もうひとつ活用してほしいGoogle翻訳の機能は『フレーズ集』です。

 

実際に海外旅行で現地の人とやり取りをした時の感想は「とっさにGoogle翻訳なんて出してる余裕がない!」でした。

その対策としてボクがしていたのが、よく使うフレーズやこれから行く場所で伝えたいことをあらかじめ英文に訳して保存しておくという方法でした。

 

例えばレストランへ行く前に「オススメの料理はなんですか?」とか、

インフォメーションに行く前に「バスチケットはここで買えますか?」とかこういうものです。

これの英訳を保存しておいて、見ながら読んでもいいし最悪の場合はそのスマホの画面を相手に見せればOKです。

 

個人的にオススメしたい翻訳アプリ

もう一つGoogle翻訳以外にオススメしたいアプリが『Dear Translate』

こちらは以前記事でご紹介しているので、紹介は割愛しますが英語も日本語も声の認識がめちゃくちゃ正確で言葉が通じない相手との会話にはもってこいのアプリです。

 

【オススメポイントはこちら】

・音声認識レベルが半端じゃない

・収録言語数にビビる

・使い方がサルでも分かるレベル

 

気になる方はこちらの記事をチェックしてみてください。

【海外旅行の新常識】抜群の音声認識!おすすめ無料翻訳アプリ

 

 

最後は何と言ってもアナログが安心

 

最後のツールとしてオススメするのは、持ち運べるサイズの英会話ハンドブック。

しかし、これはぶっちゃけほぼ活躍することはないでしょう。

 

でももしスマホをなくしてしまったら?

オフラインの準備を何もしてなかったら?

 

そんな時に活躍してくれるのはやっぱりアナログな本です。

これはもう安心料だと思って英会話初心者は用意してください。

オススメは指さし会話帳シリーズ。

 

シーンに分けてフレーズが乗っているので、どうしても相手に伝わらない時はそのフレーズを指させばOKですよ~という感じで作られています。

飛行機の中や移動中に簡単なフレーズの勉強にも使えます。

 

 

まとめ:英語力がなくても海外旅行は行ける

 

以上が英語力がなくても誰でも海外旅行へ行けるようになるための準備です。

 

・「これください」と「~ありますか?」だけで旅行中はほぼ乗り切れる

・時間があるならオンライン英会話

・オススメアプリは『Google翻訳』と『Dear Translate』

・英会話ハンドブックは保険

 

極論を言ってしまうと、中学英語すら忘れてしまっていてもこれだけ押さえれば「明日から行くぞ」と言われても飛行機の中の予習でどうにかなるレベルです。

 

ボクも「英語ができないのに海外一人旅なんて大丈夫かな」という不安な気持ちはゼロではありませんでした。

でもやってみたら意外と難しくはなかったしすべてがどうにかなりました。

むしろボクがこの記事を書いた理由は「行くなら出来る限り楽しんでいい思い出にしてほしい」そう思ったからです。

 

英語が一番苦手で海外に興味なんて一切なかったボクが、こうしてシンガポールで英語を使いながら生活している。

本当に不思議ですがそれだけ期待を大きく超えてくれたのも海外一人旅でした。

 

この記事が誰かひとりの「やってみよう!」のきっかけになってくれたら嬉しいです。

 

 

【英語力なしで海外一人旅を計画する方法】

【保存版】英語力不要!誰でも出来る海外一人旅完全マニュアル

 

Twitterはこちら