出来ないのは自分のせいじゃない!障害はいつも人間が作った物ばかり

2016年の冬、自分の夢でもあった

『海外のオフロードをYAMAHAのバイクで走り回る』という希望を叶えました。

 

できない理由の正体はいったい?

 

行く前にその話をするといろんな人に「そんなことできるの?」と言われました。

どうしてでしょう?

飛行機に乗って海外に行って、バイクとガソリンと運転できる人間がいれば誰でもできることです。

 

難しいと考えている人たちはきっとそういった物理的な事を言っているのではないですよね?

規制(ルールやライセンス)や手段、言葉の壁。

そこへ至る背景のことを指しているのかと思います。

 

でも一度考えてみてください。

ここで難しいと感じた理由のほとんどは『人間自身が作った物』を指して言っているということに気付きませんか?

 

言葉は人間が作った物です。

ルールもライセンスもお金もすべて人間が作った仕組みです。

 

「それは難しい」

ボクたちが日常でそう感じる時に立ちはだかるのは、だいたい人間が作った物ばかり。

 

「家の設計がしてみたい。でも建築士の資格がないから・・・」

 

やればいいんです。

資格がなくても誰でもデザインや設計はできます。

もし素晴らしい設計だと自信があるなら、建築士の資格がある人に最終チェックをしてもらって行政に申請を出せばいいだけです。

それで建築士資格を持っていないあなたの建物は現実となります。

 

 

「宇宙になんて行けるハズがない?」

 

現代は行けますよね?

宇宙船に乗れれば誰でも行けます。

(死を覚悟するならトレーニングしなくたってただ乗せてもらえればいけます)

 

お金がないのは“行けない理由”ではありません。

だってもし宇宙旅行に行こうとしているお金持ちが自分のことをめちゃくちゃ気に入ってくれて「一緒に行かないか?」って言ってくれればお金は必要ないじゃないですか。

 

人があれがしたい!これがしたい!って思った時に、だいたい邪魔をするのはお金や資格や法律といった人間自身が作ったルールばかりです。

ボク自身も建築士になろうとした時に、建築の学校を出ていないから7年の実務経験が必要というルールが本当に邪魔くさく感じたのを覚えています。

 

でもね。

自然が起こした問題は太刀打ちできないものも多いですが、人間が作った問題は人間が解決できないはずがないんです。

「何かをしたい!」と思った時に人間が人間自身の作ったものに障害を感じて諦めてしまうのは本当に残念なことだと思うんです。

なぜ人間が人間自身の足を引っ張るのか、と。

 

 

できるかできないかはきっともっとシンプル

 

できるかできないかをもっとシンプルに考えてみてほしい。

「100mを10秒切れ」

これが重大な要求だった場合、僕はNoという前にまず「チャリは使っていいの?」と確認をしてみます。

「走らないとダメだ」と言われたら「じゃあ靴の条件はあるの?」と聞きます。

 

人間が作った全てのルールには”解釈が曖昧な部分が必ずある”。

ボクはそう考えています。

だとしたらその曖昧な部分をすり抜けられる方法を考えてみる。

 

ルールには2種類あります。

【公平であるためのルール】

例)性別に関係なく契約数に応じて同じ割合で昇給させること

【抑制のためのルール】

例)遅刻が月に3回を超えた場合は罰金3万円

公平であるために作られたルールはすべての人にとってポジティブに働くべきですが、問題は抑制のためのルールです。

会社にひとりも遅刻する人がいなければこんなルールはいらないし、誰の得にもならない決まりです。

 

世の中にはこの抑制のためのルールが仕組みを難しくしていることがたくさんあるのです。

あなたがその出来ない人のために作られたルールのせいで、やりたいことができないなんて馬鹿げてるしそんな悔しいことはない。

ボクはそう感じるんです。

人間自身が作ったものに負けないでほしいんです。

 

 

最後に僕の友人が話していたことを書いて終わります。

A「60歳でオリンピック出場する夢を持っている人をどう思う?」

B「バカなんじゃない?」

A「60歳ではオリンピックに出れない?」

B「絶対無理でしょ」

A「どうして?」

B「どうしてってその歳じゃ若い人に勝てないじゃん」

A「勝てるかどうかじゃなく出られるかどうかでも?」

B「その齢ではきついだろうね」

A「じゃあもし国際オリンピック委員会が新しく年代別のクラスを作ったら?」

B「・・・そうなったら行けるかもね」

 

世の中を難しくさせているのが人間自身であれば簡単にしてしまうのも人間自身です。

ただこの時オリンピックに行ける60代はどうゆう人間が選ばれるのか。

そういうことだと思います。

 

『案ずるより産むが易し』

みんなが難しいと言ったオフロードバイクの旅は僕のかけがえのない思い出になりました。

 

Twitterはこちら