【マレーシア生活情報】スキャン・コピーがしたいならまずはココへ!

 

みなさんも日々生活をしていると「あ、データをスキャンしたいな」ってことがよくあるはずです。

きっとあるはずです。

毎日のようにあるはずです。

 

ボクはそんなにないんですが、たまたま日本から持ってきた書類をスキャンしなくてはいけなくなりクアラルンプール近郊でスキャンができるお店を探しました。

それが結構大変で。

よく考えたら日本だとしてもコンビニ以外ならどこに行けばいいかなって一瞬考えてしまいますよね。

ここクアラルンプールで同じことに頭を悩ませる人が少なくなるようシェアしておきたいと思います。

 

 

大きなモールにはだいたい入っている!MBE

 

今回紹介するのはMBE(Mail Boxes ETC)というお店で大きなショッピングモールにはだいたい入っていますし、クアラルンプール近郊の主要な街にもだいたいあるチェーン店です。

Googleマップで”MBE”と検索すればダダダッと出てくると思います。

 

それぞれの金額は下記の通りです。

スキャン(カラー) 2RM
スキャン(白黒) 1RM
コピー(カラー) 1.50RM
コピー(白黒) 0.20RM

※店舗によって金額が違う可能性もあります。

 

スキャンが1枚約60円と少し高めに感じてしまいますが、数枚程度なら許せる範囲でしょうか。

(大量にある場合はちょっときついですね)

カラーコピーに関しても金額自体は以前ご紹介した方法の方が少し安いです。

 

>>記事はこちら

マレーシア生活情報:カラーコピーはどこでできる?金額は?

 

 

MBEへ行くときの注意事項と余談

 

土日は営業していない場合も

MBEへ行くときは当然ですが営業時間に注意しましょう

ショップングモール内であれば、モールの営業時間内は開いているお店が多いですが、そうでない店舗は平日と土日で営業時間が違う場合もあります。

 

(ボクはまんまと土曜日の16時くらいに行ってしまいました笑)

最近はGoogleマップのデータにも営業時間が反映されてきてかなり便利になりましたね。

行く前にせめてそれくらいはチェックしてボクみたいにならないようにしてください。

 

忘れがち?USBを持参をお忘れなく

考えれば当然ですが、データをスキャンしてもらうのであれば保存する物を持っていかなくてはいけません。

最近はSDカードやDVDをこういった目的で使う人は少なくなってきたのでおそらくUSBフラッシュメモリになると思いますが、必ず何かしらを持参しましょう。

 

余談:MBEのサービスは他にもいっぱい

MBEはビジネスに対応したドキュメントサービス以外にも宅配やパッキングなどいろんなサービスを扱っています。

バインディング(バインダーにする)やラミネートなどのサービスから

クーリエサービス(宅配サービス)もやっているのでマレーシア国内はもちろん、日本を含む海外への発送も可能です。

 

その他にもメールボックスのレンタルがあったり、Stampsは切手のことかな?

ちょっとBubble Wrapping(バブルラッピング)が気になって調べてみましたが、多分プチプチのこと!

緩衝材による梱包をしてくれるサービスなんだと思います。

あとはパソコンをレンタルできたり基本的にはビジネスで必要なサービスと宅配に関するものがMBEの主なサービスとなっているようです。

 

 

以上、「マレーシアでスキャンをしたいならどこ?」に関してMBEというお店を紹介しました。

ただ先ほども書いた通り、カラーコピーや大量のスキャンに関しては安いとは言えない金額設定なので自分が住んでいるところの近くで「どうしてもやってくれるところが見つからなかったらMBEへ行こう」くらいの気持ちでいいと思います。

 

持っている書類をPDFにしたい。

それだけのことなのにと思うとやっぱり日本のコンビニってすごいなーと感じる1日でした。

買い物はもちろん、印刷、配送、チケット購入、引き出し、振込、公共料金支払い・・・

マレーシアなら何店舗に行かなきゃいけないんだろうっていうことをすぐそこのコンビニでできるなんてね。

 

あーファミチキが食べたいな。

 

 

Twitterはこちら