【話す為のメソッド】LOBiエデュケーションって実際どうなの?料金は?

 

「LOBiエデュケーションって英会話サービスを見つけたけどどうなんだろ」

「ホームページを見たけどよくわからなかった」

「実際の感想を聞いてみたいなぁ」

 

こんにちは。

シンガポールに住むライトネシストのろぺです。

 

先に自己紹介をさせていただきますが、ボクも英語学習者の1人です

 

生意気にシンガポールで英語を使って仕事をしているとか言っていますが、現地の人の英語が聞き取れないこともしばしば。

電話なんて未だに恐怖です(笑)

 

ここを見に来てくれた方は何かで『LOBiエデュケーション』のサービスを知って、検討されている方がほとんどだと思います。

普通のオンライン英会話とは違うことは分かるけど、実際にどんなサービスなのか。

 

そこで実際にLOBiの体験レッスンを受けてみたので、内容と感想をまとめてみようと思います!

では行ってみましょう。

 

・LOBiエデュケーションの授業と特徴って?

・LOBiエデュケーションの気になる料金は?

・どんな人におすすめのサービス?

 

 

LOBiエデュケーションの特徴は?

 

まずはLOBiエデュケーションの特徴についてお話ししますね。

 

LOBiエデュケーションのキーワードは『日→英』

LOBiがキーワードにしている事は『日→英』で学ぶこと。

これはボクたちが日本語で考えていることを英語に変換する際に、どのような方法が最も効果的なのかを第一に考えられているメソッドです。

 

具体的にはコーチが全て英語と日本語のバイリンガル

時には英語の微妙なニュアンスを日本人にしっくりくる形でアドバイスしてくれます。

 

『英語は全て英語学ぶべき』という考え方があります。

単語が分からない時は別の簡単な英語で説明をしてもらったり、文法の説明も全て英語で受ける授業方法です。

 

これに関しては意見が分かれる部分ですが、LOBiエデュケーションでは時には母国語を取り入れる事が英会話上達の近道になるはずという方針の下で独自のメソッドを採用しています。

 

『話せるようになる事』にこだわったLOBiの学習メソッド

LOBiが提供しているのは徹底的に『話せるようになる事』にこだわったメソッドです。

 

独自の置き換えメソッドとは?

英語が未熟な内についやってしまいがちなのが、『思い浮かんだ日本語をそのまま英語にしようとしてしまうこと』です。

 

当然使い慣れた言語では知っている単語は多いですし、微妙なニュアンスをうまく伝える方法も知っています。

しかし、それをそのまま英語に訳すのはかなり無理があるのです。

 

そこでLOBiが提供しているのが『置き換えメソッド』

頭に浮かんだ日本語をいかに簡単な英語に置き換えて伝えるかという事に特化したメソッドです。

 

「明日は天気が良くないかもしないなぁ」と直訳するよりは「明日は雨かも」と言う方が簡単。

「ボクは一度も日本から出た事がないんだ」と直訳するよりは「海外に行った事がない」と言う方が簡単。

 

この様にまずは自分の言いたい事がきちんと伝えられる方法を選んで話せるようになる方法を教えてくれます。

 

同じ日本人だから取り除けるマインドセット

「会話するには全然スキルが足りないと思っている」

「間違って話すことが恥ずかしい」

「流暢に話せるようになって初めて英会話ができると言える」

 

ある程度スキルはあるのにも関わらず英会話ができない理由として、このような思い込み(マインドセット)が邪魔することがあります。

特に日本人はこのような負の思い込みを持っている人が多いと言われます。

 

しかしネイティブの先生にとってこのような考え方は「なんで日本人はこうなんだろう」と不思議なだけで、その気持ちを理解してもらえる事はあまりありません。

そこで同じ日本人で、同じ英語学習者として、同じ悩みを持ってきた先生がその負の思い込みを取り外してくれます。

 

スキルはもちろん、考え方を変えることで話すための力を積極的に伸ばしてくれます。

 

 

LOBiエデュケーションの実際のレッスンは?

 

LOBiの特徴を知っていただいたところで次は実際にどんなレッスン方法で進んでいくのかを見ていきましょう。

LOBiでは主に3つのカリキュラムで構成されています

 

カリキュラム①:デイリーエクササイズ(毎日)

こちらは毎日続ける自主学習です。

LOBiの特徴で取り上げた『日→英』や『置き換えメソッド』に沿った内容で実際に英語を声に出す練習をします。

 

こちらを録音し提出

それに対して先生のフィードバックをもらうので、自主学習とはいえきちんと続けられる工夫がされています。

 

LOBiエデュケーションで作成している、オリジナル教材で別途購入の必要はありません。

所要時間は12分~30分程度とのこと。

 

カリキュラム②:オンライングループレッスン(週1回)

デイリーエクササイズで身につけたことを、発揮する場所です。

 

Skypeを使用したオンラインのグループレッスンでバイリンガルのコーチが、実際の会話で使えるようコーチングしてくれます。

時間は50分間

 

自分以外の生徒の学習内容を共有する事で、返答の仕方や言い回しのバリエーションを増やす機会にもなります。

ここでも文法や単語ではなく重視されるのは話せるようになるための実践練習の場としての役割です。

 

カリキュラム③:オンラインマンツーマンレッスン(週4回まで)

外国人講師とのオンラインマンツーマンレッスンです。

こちらはグループレッスンで習得した内容を、さらに外国人の先生に対してアウトプットしていく内容です。

 

実際に海外の人と英語で会話するための、最終的なリハーサルとも言える環境ですね。

時間は1回25分で1週間に受けられる回数は4回までです。

 

その他にも会員の特典がいっぱい

上記で紹介した主なレッスン以外にも、カウンセリング、オリエンテーション、生徒さん同士と交流できるイベントなど、たくさんの特典があるようです。

 

詳細はLOBiエデュケーションのサイトでチェックしてみてください。

 

≪今なら特典付き!≫

LOBiエデュケーション無料体験レッスンはこちらから

 

 

【料金】3つのコースと自由な価格設定が可能

 

LOBiエデュケーションでは月額24,000円という基本設定がありますが、あくまでも“基本”です。

どのように月の金額が決まっていくのかをご紹介します。

 

目標や学習速度に合わせて選べる3つの基本プラン

英語を学んで行きたい速度に応じて3つのコースがあります。

①ゆったりプラン

②しっかりプラン

③がっつりプラン

この3つ。

 

名前の通りですが、英語を学ぶ目的や達成したい時期に合わせてプランを選ぶことが出来ます

それぞれの違いは受けられるレッスンの種類や回数、講師からのフィードバックの頻度等が変わってきます。

 

金額は①ゆったりプラン→②しっかりプラン→③がっつりプランの順に高くなっていきます。

 

月額料金は相談可能

面白いのが、月額料金の相談が可能だという点。

 

先ほどの24,000円の基本料金を元に、2万円で抑えたいとか「もっと短期間でマスターしたいから3万円にしてレッスン量を増やしてほしい」などという相談も可能です。

 

他の英会話教室やオンライン英会話と併用したい人もいるでしょう。

自分の予算に合わせてレッスンやサービスの内容をフレキシブルに対応してくれるのは面白いですね。

 

 

無料体験レッスンを受けてみた感想は?

 

今回ボク自身がLOBiエデュケーションさんの無料体験レッスンを受けてみました。

その中で感じた事をまとめてみたいと思います。

 

感想その①:マンツーマンレッスンは外国人かい!

レッスン内容の説明を聞いて『マンツーマンは外国人かい!』って思いました。

1回25分のマンツーマンレッスンで海外の先生から授業が受けられるのは、どのオンライン英会話レッスンでもやっていることです。

 

LOBiエデュケーションの料金がそういったオンライン英会話よりも割高な理由は、カリキュラムの質ももちろんですが、日本人講師は人件費がかかるというのも理由としては含まれるでしょう。

 

実際のどの国の先生がオンラインのマンツーマン授業をしてくれるのかはわかりませんが「そこも日本人の先生が選べたらよかったのに」と思いました。

 

感想その②:カリキュラムや方針には共感

『日→英』の環境は英語習得速度を加速させる?

ボクもLOBiさんと同じく『英語はすべて英語で学ぶ』という方法に疑問を持っている人間の一人です。

 

英語を学びたいと思っているのに、文法や単語を英語で説明されてもますます混乱する事がボク自身もたくさんありました。

ちゃんと理解できていないくせに結局は”I see.”とか言って誤魔化してみたり。

 

ボクもLOBiさんと同じく、時には自分の使い慣れた母国語でのアドバイスが必要だと思う派です

 

例えば数字をきちんと理解していない子供に対して「2は1と1が合わさってるんだ」と教えますか?

違いますよね?

誰でもりんごやみかんに置き換えて教えてもらった記憶があるはずです。

 

英語で英語を学ぶ事は効率の良し悪しというより、荒療治に感じてしまうんですよね。

「気合でどうにかしろ!」みたいな空気を感じるのはボクだけでしょうか?

 

置き換えメソッドは実際の英会話に役立つ

もうひとつの大きな特徴でもある『置き換えメソッド』

こちらも実際に受けてみて「いいかも!」と思いました。

 

なぜなら日常での生活でボク自身も日本語脳から脱出できなくなることがあるからです。

 

どういう事かというと、一度伝えたいと思っていることが日本語で頭に浮かんでしまうと、その文章をそのまま英語に訳そうとしてしまって、とっさに言い換える頭が働ない事があるんです。

後から冷静に考えると「全然簡単に伝えられたじゃん」って思う事もしばしば。

 

LOBiエデュケーションのレッスンの中で、置き換えメソッドに慣れてしまえばそういったシチュエーションにも対応できる事が多いだろうと感じました。

 

感想③:初級・中級者に合っている?

日本語と英語のバイリンガルだったり、日本人の先生に教わる事は外国人とのコミュニケーションに慣れていない方に対して余計な緊張を与えないでしょう。

 

世の中にはたくさんのオンライン英会話のレッスンが存在しますが、意外と大きな壁が『外国人の先生とSkypeで直接話さなくてはいけない事』だったりします。

電話社会で育っていない若い子たちは、そもそも電話に抵抗がある人も多く、それが外国人の見知らぬ人となれば英語どころの話ではありません(笑)

 

その人にとっては大きなハードルを解消してくれるのがLOBiの環境かもしれません。

まずは数カ月LOBiで英語に慣れてからオンライン英会話を受けてみるというのも一つの選択肢としてアリだなと思いました。

 

≪今なら特典が受け取れる!≫

LOBiエデュケーション無料体験レッスンはこちら

 

 

【結論】LOBiエデュケーションは話せる様になりたい初心者に向いている

 

実際にLOBiエデュケーションの無料体験レッスンを受けて『話すことに特化したメソッド』いう事はとても強く感じる事ができました。

特に日本人教師の方の授業は英語を学び始めた初心者や、もう少し成長していきたい中級者には合っていると思います。

 

学習方法の向き不向きは自分自身すらわからない

「この順序で学べば誰でもマスターできる」という明確な指針がないのが語学の習得です

 

当然日本人の先生に学ぶことに物足りなさを感じたり、『日→英』の考え方に賛成できない人もいるでしょう。

そもそも文法や単語などもしっかり学びたい人もいるでしょう。

 

授業方法が合うか合わないかはその人次第。

いえ、本人ですら効率のよい方法だったかどうかは成長した後に気付いたりもします

 

英語学習で辛い、苦しいは厳禁!

しかしどの学習方法であっても個人的に大切にしてほしい事が一つあります。

それは「早く楽しいと感じられる勉強方法に出会ってほしい」ということ。

 

ボクは英語が授業の中で一番キライだったし、一番成績が悪かった教科でした。

そんなボクでも何とか海外で生活が出来ているのは、ストレスなく毎日続けられる勉強方法を見つけるまでいろいろ試したからです。

 

語学学習を苦しい物と感じてしまうと本当に継続できません。

 

まずはいろいろ試してみて「楽しい!」とか「続けられそう!」と思える勉強方法と出会ってください。

LOBiも誰かにとってそんな存在になるかもしれません。

 

・『日→英』と『置き換え』で話せる様になるメソッド

・レッスンは自主学習、グループレッスン、マンツーマンの3本柱

・月額料金は相談可能

・会話を重視したい初級、中級者におすすめ

 

≪今なら特典が受け取れる!≫

LOBiエデュケーション無料体験レッスンはこちら

 

 

【あなたにおすすめの記事】

【海外留学なしでペラペラ?】日本で英語を上達させる方法まとめ

 

Twitterはこちら