好きな事と得意な事の違い。仕事に選ぶべきなのはどちら?

 

 

最近はYouTubeのCMなども影響してか

『好きなことで生きていく』

という内容の本やセミナーがたくさんある。

 

 

“好きなこと”“得意なこと”

この2つは似ている言葉に感じるけど

どのように違うのか。

 

以前これについて自分なりに

考えたことがあります。

 

 

その結論は価値観がどこにあるのかの違いでした。

 

好きなことは自分から見た主観的な価値観。

得意なことは他人の目を通した俯瞰的な価値観。

 

 

◎好きなこと

例えば、

この絵は好き、だけどこの絵は嫌い

という好き嫌いの価値観は自分自身の中

だけで完結してしまいます。

 

 

◎得意なこととは?

ところが得意という価値観は

絵を描いたら「うまい!」と褒められたり、

走ってみたら人より速いと気付いたり、

比較となる他人や、周りからの評価がない限り

自分一人では気付くことのできない価値観です。

 

 

 

当然好きなことをやって生きていける事は

誰にとっても幸せなことですが、

 

“仕事とは世の中に価値を生むこと”

と考えると、他人を通した上で価値がある

と評価された“得意なこと”を優先的に

考えた方が絶対によい。

 

 

「好きではないけど自分にしかできない得意なこと」

「誰にも負けないくらい好きだけど得意ではないこと」

 

どちらにお金を出して頼みたいかを自分に置き換えて

考えてみれば答えは明確でしょう。

 

 

 

そしてその得意なことを見つけるには

 

①やったことのないことにも挑戦してみること

②比較や評価をしてもらうきっかけを持つこと

 

この2つに尽きると思います。

 

 

そして付き合っていくうちに得意なことが

好きなことにも変わっていってくれたら

きっと仕事は最高に楽しくなる。

 

 

ボクにとって好きだけど得意ではないことの

代表例がこちら笑

 

 

 

Twitterはこちら