【ラスベガス】めざせグランドキャニオン!がしかし

 

あのグランドキャニオンへ向けてGO!

 

ドラッグレースを見たら、あとはアメリカの絶景巡りへ。

レンタカーを運転してもらって

フリープランの旅!

 

この時連れて行ってくれた方がふつうに英語でレンタカーの

手配をしているのが本当にカッコイイと思いました。

 

 

あたり一面が塩だらけのデスバレー

 

元々は海で海水がすべて干上がったんだとか。

ここには少しずつ動いてる不思議な石があります。

 

未だに原因が解明されていないらしい。

めっちゃミステリー・・・。

 

 

 

 

開拓時代のアメリカを思わせるような風景。

こうゆうのは日本では見れないので

見るものすべてにテンションがあがったのを覚えています。

 

 

その他はザイオン国立公園

これまた壮大な自然に圧倒されたり、

 

途中でネイティブアメリカン(インディアン)の

集落にいって本物のピストルを触らせてもらったり

「これは夢をつかむおまもりだ」

ってタカのブレスレットをくれたりして大満足。

 

 

そして最後はボクがいちばん行きたかった

世界遺産のグランドキャニオンへ!

 

 

レンタカーでアリゾナの砂漠をひた走る!

何もないまっすぐな道を走る!!

ただただ走る!!!

 

 

そんな時運転してくれていた方から衝撃的な一言。

 

 

 

 

 

「これどこにいるんだ…?」

 

 

 

「えーーーーーー!!」

 

 

 

 

 

迷いました。

完全に迷子。

アリゾナのただっ広い砂漠で。

 

 

少し走ってはみたもののガソリンのメーターは

半分を切っている。

 

この砂漠のど真ん中でガス欠はシャレにならない。

 

 

 

「引き返そう」

 

 

 

そんなこんなで一番の目的だった

グランドキャオンには行けずにラスベガスの旅を

終えたボク。

 

当時は本当にショックでしたが、

今はまたいつかグランドキャニオンに行こう、

それもバイクで!

という夢に変わって今に至ってます。

 

 

本当にいろんな意味でこの初の海外旅行が

ボクのターニングポイントになっているのかもしれない。

 

10年前の記憶をさかのぼりながら

そう思うのでした。

Twitterはこちら