北海道車中泊で一人旅④北海道育ちが勝手に選ぶ三大絶景ナイタイ高原

 

写真では伝わらない絶景『ナイタイ高原』

 

さぁ3日目!

今日はボクの大好きなあそこからスタート!!

 

そう以前ツーリングで来た時に完全に心奪われたその名も『ナイタイ高原』

実は北海道生まれの友人に聞いても知らなかったり行ったことない人ばかり。

でもマジでここが最高なんです。

 

もう大自然なんて言葉では安っぽく感じてしまうほど果てしない牧草地で、ここはボクが個人的に北海道三大絶景に選んでます。

マイナーなところですが、どうしてあまり知られていないのかが理解できないほど最高な場所。

 

でも残念なことに写真では絶対に伝わらないんです。

果てしなさすぎて。

ぜひ自分の目で見て欲しいな。

きっとあなたの頭にも松○千春が流れるから。

 

たぶんもう1ヶ月経てば辺り一面がグリーンになるでしょう。

 

どうせ伝わらないので。

たしかこんなんあったよね?何のポーズだっけ?

ヨガまったく知らんけど。

 

ここで東京からバイクで来ている方と仲良くなってソフトクリーム片手にお話しできました。

一人旅はこうゆうのがいいよね。

 

 

ウシさんが教えてくれたいただきますの意味(涙)

 

優雅に暮らすウシさんたちを横目に麓まで下りましょう。

 

昼食は前もって友達が教えてくれていたパン屋さん。

着いたのは士幌のトカトカ

 

パン屋さんだけど美味しいのはこの絶品和牛ハンバーガーだとか!

ソースももちろん肉もめちゃうまでした。

テーブルの脇に目をやるとメニューの紹介が。

 

ん?

んん?

『十勝ナイタイ和牛100%』・・・

えーっと、さっきあそこに一杯ウシさんがいたよね・・・

 

 

うん、ウシさんありがとう。

いただきますの意味を知ることができました涙

今日ほど『和牛100%』の文字がこんなに強烈だったことはない(苦笑)

 

 

いやいや、そこにいたし!!

 

では次も知人がオススメしてくれたタウシュベツへGO!

タウシュベツは年々朽ちてきている元国鉄のレールが通っていたコンクリートのアーチ橋梁が絶景なんだとか。

途中少し道に迷ってしまったので地元の人に行き方を質問。

 

「タウシュベツの橋に行く道は今塞がれてるよ。もし行くなら士幌でカギ借りれるから」

「なんて言うところですか?」

「森林管理署っていうところ」

 

ースマホで検索ー

 

「え?ここですか?」

「そうそうココ、ココ。」

 

いや、さっきまでここのトカトカにいましたから!(笑)

 

来た道を引き返すのが嫌いなボクはアーチ橋梁を諦め次の地へ。

でもただじゃ帰らない!!

 

違う橋。

いい眺め。ちらほら残ってる桜が満開だったらめちゃくちゃキレイだったろう。

 

劣化して崩れてしまった橋梁。

これはこれですごくいい画。

 

そんなこんなで糠平らへんを後にし、足寄を通ってこれまた友人が勧めてくれたオンネトー湖へ。

無風で、かつ天気がいいと湖面に雌阿寒岳と阿寒富士が鏡のように映るんだとか。

 

「ぜひ見たい・・・」

 

走ること約1時間で到着。

 

やば!鏡みたいになってる!

到着したらちょうど無風だし天気が最高でした。

今回の旅は何だか本当に運がいい。

最高の場所を教えてくれた友人に感謝しつつ「北海道のことを全然知らなかったんだなー」と実感。

 

そのあとは阿寒温泉に寄って温泉に入り、

 

民芸喫茶ポロンノでアイヌの食材を使ったピザを食べ遅くなってきたので今日は釧路ではなく弟子屈方面へ。

 

途中峠で見た夕日がきれいだった。

これまたラッキー。

友人たちのおかげで絶景でお腹いっぱいの1日でした。

 

 

【今日のルート】

おとふけ道の駅→ナイタイ高原→トカトカ→タウシュベツ

→オンネトー湖→阿寒湖温泉街→摩周温泉道の駅

 

 

《続きはこちら→北海道車中泊で一人旅⑤神秘スポット神の子池とアイヌの歴史

北海道車中泊で一人旅⑤神秘スポット神の子池とアイヌの歴史

 

Twitterはこちら