【失敗談】海外在住者が日本帰国時に現金なしで過ごすおすすめの方法

【失敗談】海外在住者が日本帰国時に現金なしで過ごすおすすめの方法

 

「日本円の両替なしで帰国したい」

「日本でクレジットカードが使えない店の対策は?」

「最低限の荷物で帰国したい」

そんな事を感じている海外在住者や長期滞在者に向けた記事です。

 

ボク自身の実体験を元にした内容ですが、以前ちょっとある事情のせいで少しの外貨と1枚のクレジットカードのみで帰国した事がありました。

しかもクレジットカードを作った時から内容を変えていなかったので、キャッシング枠を設けていなかったのです。

 

つまりこういう事です。

キャッシング出来ない+キャッシュカードなし=現金(日本円)が手に入らない

 

本当に大変でした(笑)

どんな事に困ったのかは後でご紹介しますが、この時に学んだのが『現金なしで日本に帰国する方法』だったのです。

これだけ押さえておけば両替やキャッシングで現金を用意する必要はないですし、内容もとても簡単です。

 

 

【日本帰国】クレジットカード+Suica(スイカ)があれば現金は不要

 

先に結論からお話ししてしまうと、帰国の際にクレジットカード以外で用意するべき物は『Suica(スイカ)』です。

※Suica系で名前の違う交通系ICカードも今回の記事ではSuicaとしてまとめます。

 

クレジット払いに関してはまだまだ発展途上と言われている日本ですが、そういったお店でもSuicaが使える場合が多くこの2枚を持っていれば現金が必要になる場合はほとんどないのです。

ボクが実際に困ったことやSuicaがおすすめな理由をご紹介します。

 

困った理由:クレジットカード払いできない店が多い

ボクが帰国したときに一番困ったのは何と言っても、まだクレジットカード支払いに対応していないお店やサービスが多い事でした。

実際にどんな事が不便だったのでしょう?

 

クレジットカード払いができないお店

現在は東京オリンピックに向けてクレジット払いの対応は進んでいるようですが、当時一番不便だったのはファストフード店でクレジットカードがことごとく使えなかったことです。

 

あのマクドナルドで使えないことを知った時はびっくりしました。

 

クレジット払いされるとお客さんからもらう金額はいっしょなのに、店側はクレジット会社に手数料を払わなくてはいけない。

利益を切り詰めたファストフード店でクレジット対応していないのは設備の問題じゃなく利益が減るから。

理屈を分かってしまえば利用できない理由は簡単に理解できます。

 

マックに限らずファストフード店ではクレジットを使えないお店がほとんどでした。

大好きな吉野家が食べられない事は本当に辛かったなぁ・・・。

 

クレジットカード支払いが不便なサービス

クレジット払いはできるが不便なサービスとて挙げられるのは交通系です

電車の切符をクレジットで買う事はできるのですが、自動券売機は対応しておらず窓口へ行って購入する必要があるのです。

 

当時ボクが成田空港に到着したのは早朝で、日本円もSuicaもない状態で窓口も開いていない。

そんな状況でわざわざ切符購入だけの為に外貨を両替したのは本当に無駄な行動でした。

 

 

Suicaがおすすめな理由:クレジットカード非対応のお店でも使える

Suicaを持っている事をおすすめするのは、上記で挙げたクレジットカードでの不便さをほぼ解消してくれているからです。

 

IC乗車券ですから切符を買うなんて事は本業と呼べる事ですし、マックを始めクレジットを使用できないファストフードでもSuicaは対応していることが多いです。

※コンビニはクレジットもSuicaも両方対応しています。

 

正直クレジットとSuicaがどちらも使用できなくて困る可能性があるのは飲食店くらいではないでしょうか。

ラーメン屋さんやカレー屋さんなど小さな個人経営の店では、クレジット支払いに対応していない場合も多いのでそれを避ければほぼ現金はいりません。

 

 

【日本帰国】クレジットカード+Suica実際の使用方法と準備

 

では超シンプルですが実際にボクがどのように使用しているかをご紹介します。

 

使い方①:常に5千円くらいはチャージしておく

ボクが日本に帰国する際は必ずSuicaを持って帰りますが、その中には常に5千円~1万円くらい入っている状態にしてあります。

 

ここで有効期限が気になりますよね?

機器等での最後のご利用日から10年間一度もご利用がない場合、使用できなくなります。

JR東日本より

とありますが、チャージされている金額は新しいカードに移せるので心配は不要です。

 

使い方②:出国前にクレジットカードでチャージ

日本にいる間に残額が減って来たり、出国する前に5千円を切っていたらクレジットカード払いでSuicaにお金をチャージしましょう。

これはほぼどこのコンビニでも出来ます。

 

「Suicaのチャージお願いします」

と言ってチャージ金額を伝え、その支払いをクレジットでやればいいだけです。

 

基本的な使い方と事前準備はこれだけです(笑)

 

 

結論:クレジットカードとチャージ済みSuicaがあれば現金はいらない

 

今回の記事での結論は『クレジットカードとチャージされたSuicaがあれば現金はいらない』ということです。

下記にポイントをまとめました。

 

・ファストフード店と切符の購入はクレジットカード払いが不便(2018年当時)

・Suicaならファストフードも切符購入もスムーズ

・日本を出る前にSuicaはチャージしておく

・クレジットカード払いでのチャージはコンビニでOK

こんな所です。

正直こんな記事の情報が不要になるくらい、東京オリンピックに向けてクレジットカード支払いの対応をすすめてもらえばボクたち海外からの帰国組も助かるんですよね。

 

とはいえSuicaが不要になる時代はまだまだ先でしょうから、クレジットカード+Suicaは日本で不便なく過ごすにはしばらくの間必須の組み合わせになるでしょう。

 

 

 

【海外在住者におすすめの記事】