【シンガポール新名所】チャンギ空港JEWEL(ジュエル)とは?行き方は

 

「シンガポールのチャンギ国際空港で時間を潰す方法」

 

こんな疑問をネットで検索している人が多いとか。

理由は『世界一の空港』と呼ばれ続けながらも、実際は空港内で長時間を過ごすにはやる事が少なかったという事実があります。

 

今日はそんな旅人の悩みを一発解決する新・大型複合施設『JEWEL(ジュエル)』がチャンギ空港にできたので、その詳細と空港の各ターミナルからの行き方をご紹介したいと思います!

 

【この記事の内容】

・シンガポール新名所の誕生『JEWEL(ジュエル)』ってどんなところ?

・世界一の屋内人口滝『レイン・ボーテックス』って?

・チャンギ国際空港の各ターミナルからのアクセス方法

・市内からMRT(電車)を使用した際のアクセス方法

 

 

新名所の誕生!チャンギ国際空港『JEWEL(ジュエル)』ってどんな場所?

 

まず『JEWEL』とはシンガポールのチャンギ国際空港に併設された大型複合施設の名前です。

 

2019年4月17日に無事オープン。

シンガポールに住むボクの周りでも最近は『JEWEL』の名前が飛び交っていたほど噂になっておりました。

 

複合施設なんてざっくりした言い方ですが、実際はどんなところなのでしょう?

 

世界一の屋内人口滝『レイン・ボーテックス』

まず何と言ってもJEWELの目玉となっている『レイン・ボーテックス』の滝です。

何がすごいかと言うと屋内であることを忘れてしまうようなその高さと迫力。

 

シンガポールの観光名所として人気の『ガーデン バイ ザ ベイ』、クラウドフォレストにある巨大な滝を越えてその高さはなんと約40m

その高さは世界一として認定されました(2019年4月現在)。

 

 

そしてとてもシンガポールらしいのは“ド迫力”だけで攻めていないところ。

 

都市と自然の調和をテーマに掲げているハイテク国家として、緑は欠かせないでしょう。

先ほどのレイン・ボーテックスのある大きな吹き抜けはもちろん、施設内のあらゆる場所に植物や花が植えられています。

 

もちろんそのほとんどが本物。

南国に来たことを実感させてくれるヤシの木や花、植物をモチーフに作られたアートなどが観光客を出迎えてくれます。

 

いくらでも時間を潰せる!もはやショッピングモール越え

JEWELは巨大な滝を見て終わりではありません。

 

地下5階から地上5階、計10層に渡る施設の中には飲食店やファッション系などさまざまなお店が入っており、その数はなんと約300店舗

正直お店のラインナップを見てみると、個人的には「あえてオーチャードに行く必要がなくなってしまうのでは」と思えるほどです。

 

JEWELでできるのはショッピングだけではありません。

 

130室の部屋数を持つ『ヨーテルエア(YOTEL AIR)』というホテル。

子供も大人もアクティビティを楽しめる『キャノピー・パーク』があります。

 

もはやショッピングモールとは言えず、“大型複合施設”とざっくりした言い方になってしまうのもしょうがないほど充実した内容です。

 

チャンギ空港はコンセントやUSBポートがあちこちにあって超綺麗なので、数年連続で『世界一の空港』と評価されてきました。

しかし、ぶっちゃけ「チャンギ空港は綺麗だし過ごしやすいけど、やる事がない」というのがボクの持っていたイメージ。

 

それを大きく覆すことになるのがこの『JEWEL』でしょう。

 

経由地点としてシンガポールに到着する旅行客にも、乗り換えまでの時間を飽きさせないような施設です。

「『世界一の空港』から『世界一のハブ空港』の座も狙ってきたな」

そんな感想を持つほど観る・泊まる・楽しむが叶う充実した内容です。

 

【関連記事】

関連記事

  「ガーデンズ バイ ザ ベイの見どころは?」 「ガーデンズ バイ ザ ベイはスーパーツリーだけじゃないってホント?」 「おすすめだけに絞った地図が欲しい」 シンガポール観光で人気が高まっているの[…]

 

 

チャンギ空港各ターミナルから『JEWEL(ジュエル)』の行き方は?

 

「空港に併設」とは言ってもめちゃくちゃ広いチャンギ空港。

ターミナルは全部で4つあります。

 

ここでターミナル1〜4までそれぞれからJEWELに行く方法をご紹介いたします。

まずは上の写真を見てJewelと空港の位置関係をざっくり把握しておいてください。

 

ターミナル1からJEWL(ジュエル)に行く方法

まずJEWELに最も簡単に行けるのはターミナル1です。

到着ロビー(Arrival Hall)のある1階から直接アクセスする事ができます。

 

さすがフルサービスの航空会社の発着が多いターミナルですね。

JEWELへのアクセスもVIPですね(笑)

 

ターミナル2or3からJEWEL(ジュエル)に行く方法

ターミナル2と3では向きが逆なだけで、JEWELとの方向は対照なため行き方も一緒です。

 

まずは出発ロビー(Departure Hall)のある2階へ行きます。

そこからはリンクブリッジ(Link Bridge)という連絡通路を渡っていくだけです。

 

一点注意。

ターミナル2もしくは3の2階からアクセスしますが、到着するのはJEWELの3階です!

これを覚えておかないと帰る時にJEWELの2階でリンクブリッジを探そうとして彷徨うことになります。

 

ターミナル4からJEWEL(ジュエル)に行く方法

JEWELから最も遠い場所にあるのがターミナル4です。

 

ターミナル4からはいったん空港のシャトルバス(無料)でターミナル2へ行く必要があります

そこからは先ほどの『ターミナル2or3からのアクセス方法』をご覧ください。

 

ターミナル1とは打って変わりLCCの発着が多いターミナル4。

場所もちょっとだけ不便です(笑)

出発の時間には遅れないようにJEWELからターミナル4へ行く際は最低でも30分くらいは見ておきましょう

 

【関連記事】

関連記事

  「機内に持ち込める100ml以下のカヤジャムが売っている店はないの?」   シンガポールで代表的な軽食『カヤトースト』に使われる、お土産としても大人気の『カヤジャム』。 ボクも大好きでオススメしたいシ[…]

 

 

街から来た人は?MRT駅からのアクセス方法

 

到着時だけじゃなく、出国の前にJEWELへ立ち寄りたいという方も多いでしょう。

そんな方のためにMRT(電車)のチャンギ国際空港駅からどうやってJEWELに行くかを写真付きでご説明します。

 

ちなみにMRTの駅からもターミナル2と3は対照になっているので、今回はターミナル2で説明しますがターミナル3の場合はそのままほぼ逆向きに考えてもらうだけで大丈夫です。

 

改札を出たらまずはエスカレーターへ

改札は両端に分かれていて片方がターミナル2と4、もう片方がターミナル1と3へ行ける方向です。

改札を出たらまずは正面にあるエスカレーターを上りましょう。

 

2つ並ぶエスカレーターの大きい方で上へ

先ほどのエスカレーターを上がると、正面に大きなエスカレーターと小さなエスカレーターが2つ並ぶ場所に出ます。

ターミナル2もしくは3の出発ロビー(Departure Hall)のある2階まで行けるのは、大きい方のエスカレーターです。

それで一気にJEWELまでのリンクブリッジがある2階まで上がっていけます。

 

Uターン気味に進めばリンクブリッジ

エスカレーターでターミナル2もしくは3の2階に到着したら、大きくUターン気味に回っていただければJEWELまでのリンクブリッジがあります。

 

この説明でわかるかなぁ・・・

まぁ2階まで来れればJEWELの案内表示も増えるので問題ないでしょう!

 

 

ちゃめ
ねーねーろぺ君!
JEWELの中を通る電車ってどこから乗るの?
ろぺ
長くなってきたから別の記事にまとめたからそっちを見てね!

 

【JEWELの滝を電車から!スカイトレインの乗り方】

関連記事

  ちゃめ チャンギ空港のジュエルって本当にすごいね! ろぺ君の記事のお陰で行き方もバッチリだったよ! ろぺ それは良かった! 人工の滝とドームの中を通る電車もすごいよね。 […]

 

 

【まとめ】チャンギ空港はシンガポールで訪れるべき新・観光名所に

 

という訳で今回は2019年4月19日にオープンしたチャンギ空港の『JEWEL』についてご紹介してきました。

シンガポール在住の方が口を揃えて言うのは「空港自体が観光名所に変わるだろう」ということ。

 

ガーデン バイ ザ ベイレベルのハイテクと植物の融合。

オーチャード並みのショップの種類。

建物や建築好きにはたまらない設計。

子供も飽きない工夫・・・

 

ここJEWELで叶えられる要望を書き出せばキリがないほどの充実した施設です。

こうやってご紹介させていただいているボクもまだまだJEWELのほんの一部しか把握できていませんが、少しでも早くご紹介したくて記事にしました。

 

今後チャンギ国際空港を経由地として利用する旅行客にも、シンガポールを知ってもらうには十分すぎるほど凝縮された空間です。

この記事でお伝えできているのはほんの数パーセント。

ご自分の目でぜひ実物を見に来てください。

 

 

【あなたにオススメの記事】

合わせて読みたい

シンガポール旅行いえば『hi! Tourist』SIM!   シンガポール旅行で大人気のSIMといえばSingtel社の『hi! Tourist』SIMカード。   今回はもっともユーザーの多いこのSIMカードに[…]

 

 

Twitterはこちら