用意するべきお金の基本の3点セットと注意事項:セブ島準備

用意するべきお金の基本の3点セットと注意事項:セブ島準備

PLUSマークの国際キャッシュカードを

 

[ad#1]

セブ島インターンの準備持ち物編。

お金のことについて。

 

まず現地の通貨はペソです。

2017年3月現在100円で43ペソ。

だいたいペソの2倍ちょっとが日本円と

考えていいと思います。

 

でも現地の物価は日本より安いので

その辺はまた渡航してから記事にしよう

と思います。

 

[ad#1]

もちろん現金を持っていけば現地で

両替することもできますが、

たくさんの現金を持っていくのはやはり不安です。

 

しかもフィリピンに申告なしで持ち込める現金は

10,000ペソ(約4,300円)までと決まっています。

 

そこで有効なのが

クレジットカードでキャッシングするのと

国際キャッシュカード(デビットカード)で

現地のATMで引き出す方法があります。

 

クレジットはいろんな場面で役立つので

一枚は持って行った方がいいでしょう。

 

国際キャッシュカードもしくはデビットですが、

大手都市銀行であれば作ることができます。

おすすめは新生銀行です。

 

どの銀行でもいいんですが、

確認すべきところは“PLUSマーク”が

付いているかどうか。

 

このマークが付いていれば現地の

PLUS対応のATMで引き出しができるのです。

カードを作る前にぜひご確認を。

(PLUSじゃないのがあるかどうかすら知りませんが)

 

 

お金関係で持っていくのは

現金、クレジットカード、国際キャッシュカード

この3点セットが基本ですね😃

 

 

[ad#1]