『ライトネス(身軽)に生きる』をテーマに海外生活や移住情報、物を減らす方法などを紹介

エメラルドの滝!バスで行くセブの観光スポット:カワサン

 

 

カワサンフォールズへショートトリップ!

 

 

 

先日セブの観光名所の1つカワサンフォールズ

行ってきました!

 

早朝に起きてバスに乗るためサウスバスターミナルへ。

ここからはジンベイザメで有名なオスロブへ

行くバスも出ています。

 

朝食がまだだったので軽くドーナツを食べ

バスに乗る前にトイレへ。

と、思ったらターミナルのトイレは使用するのに

5ペソかかりました。ご注意を。

 

 

さあ乗り込みましょう!

 

 

サウスバスターミナルからはエアコン付きと

エアコンなしのバス両方が出ているようです。

 

 

『死ぬほど冷房が効いて寒いエアコン付きか

めちゃくちゃ暑くて排気ガスが入ってくる

エアコンなしどちらかを選べ』

 

 

これは日本人が書いたブログでよく見るレビュー笑

 

今回は小雨が降っていて寒かったので

エアコンなしにしてみました。

 

 

料金の支払いはバスの中でスタッフが巡回してくるので

その時に行き先を伝えてお金を払います。

 

カワサンまでは確か150ペソ(350円くらい)だと

思いましたが学生証を見せると割引になって

110ペソ(260円くらい)で乗ることができました(^^)

 

乗車時間は約4時間。

たった100kmくらいしかないのに渋滞と路面状況の

悪さのためこんなに時間がかかります。

(北海道なら100kmなんて1時間半だ)

 

そして乗車早々に気づいたこと。

それは・・・

 

 

バスが揺れまくって寝ることすらできない!!

 

 

路面状況の悪さとバスの足回りの悪さが重なって

めちゃくちゃホッピングしまくります!

油断したら舌を噛むレベル!!

 

 

マジで寝れません。

寝れても10分くらいで起こされます。

セブでバスに乗るときは酔い止めを持った方が

いいかもしれません。

 

 

 

カワサンって見る場所?楽しむ場所?

 

カワサンについた後はどうすればいいの?

心配する必要はありません。

 

そこら中にガイドがいて話しかけてきます。

 

カワサンには滝を見るだけでなく、

イカダに乗ったり、滝ツボに飛び込んだり、

いろんなアクティビティをすることができます。

 

日本語ができるガイドもいてやりたいことを

伝えればその場所へ連れて行ってくれます。

 

ボクたちは300ペソ(670円くらい)でガイド

してもらうことができました。

相場は調べていませんが参考にしてみてください。

 

 

セブシティではなかなか見ることができない

The 南国な風景の中を歩いていく。

 

 

途中ココナッツジュースも売ってるので

試したことがない人はぜひ。

(驚くほどうまい訳ではないけど笑)

 

 

通常は店の人がナタで割ってくれますが、

頭の硬さに自信のある人は頭突きでココナッツ割りに

挑戦することもできますのでぜひ。

(信じる人はいないよね?笑)

 

 

 

行くまでの道がこんな景色が続くもんだから

まったく苦にならず歩けます(^^)

 

 

生い茂るヤシの木たちと鮮やかな花。

そしてエメラルドグリーンの川さんを

横目に歩くこと約15分。

 

 

 

 

やっと来ました大ボス。

 

 

 

 

 

カワサンフォールズ!

 

 

 

 

 

「え?」って思った人います?

「ふーん」みたいな人います?

 

 

 

 

 

実際ね・・・

思っていたほど大きくはなくて

「あ、こんな感じね」

って思うと思います笑

 

 

でもでも滝ツボで泳げるなんて日本じゃ危ないだの

なんだのとか、危ないからかんだので

なかなかできないです!

 

 

水温もあっつい日には最高に気持ちいい温度!

 

滝ツボの周りにはお店もあって食事も

取れるのでゆっくり過ごせる

ナイスプレイスですよ(^^)

 

この川上で着色でもしてんじゃないかっていう

エメラルドグリーンも実際に見て欲しい。

 

 

 

ひとしきり楽しんですぐ近くにあった

ビーチでひと休みしたらこの日は終了。

 

 

 

 

がしかし、帰りはまたあのバスが待っている・・・

 

 

最初満席で立ち乗りから始まり、

渋滞でセブシティまで帰ってくるのに

5時間以上かかることを

まだこの時のボクたちは知らない。

 

 

しつこいようですが車酔いしやすい人は

酔い止めの薬をお忘れなく。

 

 

 

【服装】

Tシャツ、海パン、ビーチサンダル、サングラス

【持ち物】

スマホ、財布、長袖シャツ、バスタオル、水中メガネ

 

 

Twitterはこちら