マクタン・セブ国際空港からタクシーに乗るときの注意事項!

 

セブの空港の正式名称は

マクタン・セブ国際空港です。

 

空港に着いて第一関門は税関でしょうか?

英語がある程度話せるようになっても

「変な質問してくんなよー?」

と少しはドキドキしてしまいます笑

 

今日はその次の第二関門とでも言えるでしょうか

空港からタクシーに乗る時の注意事項について

ご紹介してみたいと思います。

 

 

空港にいるタクシーは一種類じゃない!?

セブ空港を出た時にまずみなさんが見かけるのは

黄色い色のタクシーでしょうか。

 

さあこれに乗ってホテルへGO!

って気持ちになると思いますがちょっと待って。

 

実は空港には主に2種類タクシーがいます。

単刀直入に言うと黄色いタクシーは高い

 

通常のタクシーと比べて倍くらいの金額です。

地元の人はあまり利用しないため、

待ち時間が少なく乗れるので時間を

優先したい人はこれを選んでもいいと思います。

 

安いのは白いタクシーです。

マクタン島内であれば遠くても200ペソ以内

(420円位)で行けますし、セブシティに行くのも

場所に寄りますが300ペソ(630円位)前後で

行くことができるでしょう。

 

空港から外に出て右にまっすぐ行くと

黄色いタクシーやボードを持ったツアーの

スタッフがたくさんいますが、

 

白いタクシーを拾えるのはそこから

さらに少し先に行ったところです。

 

 

メーターが動いているか確認!初乗りは40ペソ

白いタクシーに乗って行き先を伝えたら

確認しなくてはいけないのはメーター。

 

こんなメーターが必ず付いていますので

これが40ペソ(2017年時点)にリセットされて

動いているかどうかを確認してください。

 

口頭で「○○まではいくらだ」みたいな

ことを言ってきたら強く

「メーターを使ってくれ」と言いましょう。

 

但し、空港のあるマクタン島からセブシティに

行く時にはメーターの金額+50ペソを要求

されることがありますが、それは一般的なので

「OK」と言ってあげましょう。

 

 

セブで1,000ペソ紙幣は邪魔なだけ!

さて最後はタクシーに限らずセブ滞在時には

誰もが苦戦するお金の問題について。

 

ハッキリ言います。

1,000ペソ紙幣は持っていても邪魔!

 

フィリピンのお札は何種類かありますが

一番大きいのが1,000ペソです。

 

なぜ邪魔かと言うとセブでは1,000ペソは

大金なのでこれで支払おうとすると、

「小さい札(スモールビル)はないか?」

と言われたり、受け取ってくれなかったり

することが日常的にたくさんあります。

 

もし空港に着いて間もないため1,000ペソ

しか持っていなくてタクシーから降りるとき

こう言われたらどうしますか?

「1,000ペソなんてもらってもおつりがない」

慣れていない人はプチパニックですよね。

 

ですので円からペソに両替するときは

1,000ペソは一枚もいらないので

500ペソと100ペソだけの組み合わせて

両替することをお勧めします。

 

 

 

最後にタクシーとは関係ないですが

プチ情報を加えておきます。

 

①1,000ペソを細かくしたいなら

セブンイレブンかファストフード

(マックやジョリビー)がおすすめ。

 

②日本からは現金は10,000ペソまでしか

持ち込めないので注意。

 

 

これで空港に着いた後も安心ですね(^^)

ホテルについてさっさと荷物を置いたら

セブのバカンスを楽しみましょう!

 

 

Twitterはこちら