『ライトネス(身軽)に生きる』をテーマに海外生活や移住情報、物を減らす方法などを紹介

海外バイクの旅:カンボジア伝統の織物体験とスコールの制裁

 

オフロードの旅とはいえ川は船を使わせてくださいね笑

 

さて2日目後半です(^^)

 

 

まずはメコン川を渡ってシルクアイランドへ。

バイクをそのまま船に積んで川渡し!

すげっ!!

 

 

 

シルクアイランドという名前だけあって、島にはカンボジア伝統の織物を作っている家がたくさん。

 

実際に見させてもらっていたら

「やってみる?」

と言われて少し織らせてもらいました。

 

モトクロスブーツでね笑

 

 

織物にはシルクとコットンがあってファッションや暑さ対策、物を運ぶ時などすごく身近なアイテムのようです。

カンボジアのどこのお土産屋さんで、5〜10ドルくらいで買えます(^^)

 

せっかくなので一枚購入。

モトクロスジャージにカンボジアの織物という斬新なファッションでこれを織ってくれたお姉さんとパシャリ(^^)

 

 

昼ごはんは今回初めてのカンボジア料理!

 

こうやってメインの料理を何品か頼むとおひつ?に入ったご飯が一緒に来て、米といっしょに食べるのがカンボジアのスタイルのようです。

昔のタイ米のイメージが残っていたけどカンボジアの米は全然美味しかったです!

 

 

12月ってカンボジアは乾季。合ってますよね?

 

お腹いっぱいになったら次はメコン川をもう一度渡って次の目的地コンポンチャムへ向かいます。

 

その途中で食らいました。

スコーーーーール!!( ´Д`)

 

オフロードバイクの旅を始めてしょっぱなからこれです!

 

乾季じゃないのかよって!!笑

 

そんなブースカ言ってるヤツを尻目に子供たちは大はしゃぎ。

「あーオレが小さかっただけか」

そう気付かせてくれた子供たち。

 

ありがとう!

この旅どんな天気でも受け入れて楽しむよ!

 

なんとか雨も弱くなったところで再出発。

今回の目的地コンポンチャムのホテルに到着♪

 

シャワーを浴びたら近くの市場へ!

 

食材や衣類はもちろんの美容室まであります( ´Д`)

 

毛を剥ぎ取られただけの鳥がずらーーーっと吊り下げられていたり、豚がそのままの姿で横たわっているのでなかなかシュールな画が見られるスポットです。

 

一通り周ったところで今日のディナー。

カンボジアの『Angkor Beer』これも意外とうまい!!

 

帰りは日本が作ったらしい橋とメコン川を眺めつつお休みなさい。

 

【今日のルート】

オハナパレスホテル(プノンペン)→シルクアイランド→Dairy Hotel(コンポンチャム)

 

※地図にない道を走る時もあったのでルートはおおよそです。

 

 

《続きはこちら》

海外バイクの旅:赤土の上を走り辿り着いた神秘の古代遺跡

 

Twitterはこちら