ヤンゴンだけじゃもったいない!ミャンマー一人旅最大の失敗

 

ちゃめ
ろぺ君この間ミャンマーへ行ってきたんだってね!
どうだった?
ろぺ
ボクも何も知らずに行ったんだ。
有名な観光名所もよく分からなかったし。
楽しめたけどちょっと失敗しちゃったかなとも思ってるよ
ちゃめ
えーそうなんだ!
どんな事を失敗したの!?
ろぺ
うーん。。。ヤンゴンしか行かなかったこと笑

 

こんにちは。

スーツケース1個で生きるライトネシストのろぺ(@lope_lightness)です。

 

先日ミャンマーへ一人旅をして来ました。

きっかけはミャンマーでビジネスをされているNさんから「ミャンマーは将来性を考えても物凄く面白い国だから遊びに来なよ」とお誘いいただいたからです。

 

ハッキリ言って何も下調べもせずに「行きます!」と言ってチケットを取ってしまったので、結果的に時間が足りなくいろんなやり残しをしてしまったのです。

今回はそんなボクの失敗談を元にミャンマー旅行についてお話ししてみようと思います。

 

 

 

ミャンマー一人旅最大の失敗とは?

 

今回の旅でやらかしてしまった最大の失敗は、何と言っても『首都のヤンゴンにしか行かなかったこと』です。

 

ミャンマーに到着後、先ほど登場したNさんといっしょにご飯を食べている時のこと。

Nさん「今回は何泊するの?」

ボク 「ミャンマーを直接見たかっただけなので2泊3日だけです」

Nさん「じゃあヤンゴン以外はどこにも行かないの?!」

ボク 「そうですね」

Nさん「それはもったいない!」

そう言われたのです。

 

実際にいろいろ調べてみた結果、今もヤンゴンだけではもったいなかったなと感じています。

けどミャンマーにもう一度行きたい理由が出来たので、ボク的には楽しみがひとつ増えたのでいいんですけどね(負け惜しみ)。

 

あわせて読みたい

  こんにちは。 スーツケース1個分の荷物で生きるライトネシストです。   ボクが住むシンガポールはほぼ赤道沿いにあり、一年を通して暖かく熱帯気候に属する地域です。 その他マレーシア、タイ、[…]

 

 

どこへ行くべきだった?ミャンマーで外せないスポット

 

ではミャンマー旅行ではどこへ行くべきだったんでしょう。

ミャンマー在住歴6年のNさんが「ここは絶対に見ておくべき」と話した2つのスポットをご紹介したいと思います。

 

ミャンマーの見どころその①:壮大過ぎる仏塔群!バガン遺跡

 

ミャンマーの見どころその1は何と言っても『バガン遺跡』

首都のヤンゴンから北へ600kmほど離れた場所にある地域です。

 

ミャンマーの周りにもタイやカンボジアなど他にたくさんの仏教国がありますが、バガンは一体何がすごいんでしょう?

 

圧倒的!3,000個以上のお寺

約40㎢の範囲に立っているお寺の数はなんと3,000以上。

分かりますか?

単純計算すると6km×6kmのくらいの面積の中に3,000個のお寺があるんです。

 

西暦1000年代から1200年代にかけてこんなにもたくさんのお寺が建てられたんだそうです。

バガンの魅力は単体のお寺はもちろん、『見渡す限り広がる仏塔群』です。

 

世界遺産であり世界三大仏教寺院のひとつ

ミャンマー一の名所でもあるバガンですが、なんと2019年に世界遺産に登録されました

1995年に登録を目指してから24年なんだとか。

 

長かったですね・・・。

よくがんばったよ、ミャンマー涙

 

そしてバガン遺跡は

カンボジアのアンコール遺跡、インドネシアのボロブドゥール遺跡に並び世界三大仏教遺跡のひとつに数えられています。

 

Nさんが「あれは本当に見ておくべき」と話すバガン。

ボクも早く見に行きたいです。。。

 

ミャンマーの見どころ②:のどかな暮らしが続くインレー湖

 

これまたヤンゴンから北に約600kmの位置にあるのが『インレー湖』

バガンからも東に約350kmほどの場所にある湖です。

 

インレー湖は人々の暮らしそのものが魅力

インレー湖には何があるの?と興味も沸くと思いますが、魅力はそこに住む人たちの暮らしそのものです。

 

最も有名なのは漁の方法

小さな船に三角形のかごのみで魚を取るんですが、ビックリするのは船のこぎ方。

船の先っぽに立って片足のみでオールを漕ぐんだそう。

 

その伝統的な漁やのどかな生活風景は実際に目で見て感じるしかありませんね。

他にも水上に浮いている野菜畑やお寺、遺跡など観光としてのスポットもいっぱい詰まった場所のようです。

 

暮らしそのものが魅力ってなんて素敵な響きでしょう。

 

あわせて読みたい

  「海外旅行を自分好みに自由に計画したい」 「一人旅してみたいけど全て自力で行く自信はない」 「ひとりで参加できるツアーがない」 そんな悩みを持っている方へ向けた記事です。   これを書いているボク[…]

 

 

【結論】ミャンマーを満喫するなら1週間くらい必要?

 

という訳でNさんが勧めるミャンマーで行くべきスポット2選は『バガン遺跡』『インレー湖』でした。

正直どちらもヤンゴンからはかなり遠いです。

 

両方にも近くに空港があるので飛行機での移動もできるのですが、ミャンマーの国内線はかなり割高です。

移動は基本的にそれぞれの間を移動する『夜行バス』を使う事がオススメだそうです。

 

それを考えるとヤンゴンバガンインレー湖、そして第二の都市であるマンダレーを巡って帰ってくるのであれば、一週間くらいはないとかなりタイトな旅になってしまいそうですね。

ただNさんは相当な数の国を旅した事があるそうですが、「ミャンマーは価値観を変えてくれた国。だからここにいるんだ」と話してくれました。

 

まだまだ整備されていない国だからこそ、感じた事のない魅力に出会える国なのかもしれないですね。

これからどんどん観光客も増えるはずなので、今すぐにでも行ってみるべきかもしれません。

 

あれ?あのスポットにはいかなくていいの?

ミャンマーを調べた事がある方はご存知だと思いますが、観光スポットのひとつとして『ゴールデンロック』という場所があります。

あれ?と思ってNさんに「ゴールデンロックは行かなくていいんですか?」と聞いたところ

 

「うん、あそこは別に行かなくていい」との事でした笑

ゴールデンロックは省いちゃっていいそうなので、その分しっかりバガンとインレー湖を楽しみましょう!

 

▼ミャンマー現金入手のコツと空港ATMの位置

関連記事

  ちゃめ ヤンゴン空港でATMってどこにあるの? 両替する時に気を付ける事ってある? ろぺ ATMは空港の中にあるから地図付きで教えてあげるね! 現金についても注意事項をまとめてみたよ! […]

 

Twitterはこちら